バイクの廃車手続き

バイクを処分するとき、できれば買取してもらったほうが手続きもスムーズですし、お金も入ってくるのでおすすめですが、買取できない場合は廃車手続きをしましょう。廃車するうえで注意しなければならないのは、必ず市役所や区役所で、廃車手続きを済ませてから処分するということ。たとえば自分で勝手に解体して捨てるのは大変危険ですし、廃車手続きをせずに不用品回収にわたしてしまうと、ついているナンバープレートの問題が登録されっぱなしになっているなどして、余計な手間がかかってしまいます。

廃車手続きはまず、バイクを持って市役所か区役所に向かい、廃車したい旨を伝えます。そうすると廃車手続きをしてもらえるので、指示通りに手続きを済ませるようにしましょう。このときにバイクナンバーを返したり、登録を取り消してもらったりします。すべての手続きが終わったら、不用品回収業者に引き渡して終わりです。このときの不用品回収業者も買取専門店と同様、いくつかの業者に見積もりをもらってから引き渡しましょう。業者によっては高額な回収費用を請求されることもあるので、1件だけで決めてしまうのは危険です。

バイクの処分をするとき、廃車手続きをする方法はもちろん有効ですが、できることなら買取をしてもらうほうがスムーズでおすすめです。

バイクを買取してもらう

一番手間がかからず、かつお金にもなっていいことづくしともいえるのが、バイクの買い取りをしてもらうことでしょう。バイクを買い取ってもらうには、バイクの販売店か買取専門店に依頼をしてください。このとき注意しておきたいのは、必ず複数の店舗から査定をしてもらうこと。バイクの査定は店舗によって大きく変わることがあります。バイクの状態だけでなく、そのバイクの種類やカスタムをしているかどうか、細かな部品があるかどうかによって、需要が変わるからです。

バイク販売店であれば、在庫の関係も査定に影響してくるでしょう。だからこそ、複数の査定をしてもらい、一番高いところに売るのがおすすめです。「複数の店舗をまわる時間なんてない」という方は、出張査定を依頼してみてはいかがでしょうか。自宅に査定士が来てくれるために手間がほとんどかかりませんし、一気に複数の店舗に査定依頼をすることができます。

処分を検討している場合に重要なのは「どんなバイクが買取になるかわからないので、とりあえず査定に出す」ということ。たとえばほとんど動かなかったり、多少壊れていたりしても、買取してもらえることもあります。あきらめずに、捨てる前にまず、査定に出してしまいましょう。

中古バイクの処分方法

引っ越しや新しいバイクを買い替えたときなどにやってくる中古バイクの処分。バイクの処分ときくと、なんだか手間のかかりそうな気がして面倒になってしまう方が多いのではないでしょうか。しかしながら、中古バイクを処分する方法はいくつかあり、場合によってはほとんど手間をかけずに処分してしまうことができます。処分することが面倒だからといって、いつまでも自宅に置いたままでは場所をとってしまいますし、何よりバイクは税金もかかります。バイクにかかった税金は返ってこないので、使わないバイクは持っているだけ損というところでしょう。ではいったいどう処分すればよいのでしょうか?ここでは具体的なバイクの処分方法をご紹介しましょう。

バイクを処分するときに考えることは、じつのところたった2つのみ。「捨てる」か「売る」か、それだけです。捨てる場合は市役所に行って廃車登録をし、処分することになります。売る場合はバイクの販売店か買取専門店で査定をしてもらい、納得すればその金額で売ることができます。

注意しておきたいのは、自分で解体しようとしないこと。バイクはオイルや電気のものなど、とにかく何も知らない人が買いたいすると非常に危険なものがたくさん含まれています。売るときも捨てるときも、業者を通して手続きすることが必須です。自分で何でもやろうと思わず、専門家に依頼しましょう。では、売る場合と捨てる場合、どうしたらよいのかを順番にご紹介しましょう。