バイクの廃車手続き


バイクを処分するとき、できれば買取してもらったほうが手続きもスムーズですし、お金も入ってくるのでおすすめですが、買取できない場合は廃車手続きをしましょう。廃車するうえで注意しなければならないのは、必ず市役所や区役所で、廃車手続きを済ませてから処分するということ。たとえば自分で勝手に解体して捨てるのは大変危険ですし、廃車手続きをせずに不用品回収にわたしてしまうと、ついているナンバープレートの問題が登録されっぱなしになっているなどして、余計な手間がかかってしまいます。

廃車手続きはまず、バイクを持って市役所か区役所に向かい、廃車したい旨を伝えます。そうすると廃車手続きをしてもらえるので、指示通りに手続きを済ませるようにしましょう。このときにバイクナンバーを返したり、登録を取り消してもらったりします。すべての手続きが終わったら、不用品回収業者に引き渡して終わりです。このときの不用品回収業者も買取専門店と同様、いくつかの業者に見積もりをもらってから引き渡しましょう。業者によっては高額な回収費用を請求されることもあるので、1件だけで決めてしまうのは危険です。

バイクの処分をするとき、廃車手続きをする方法はもちろん有効ですが、できることなら買取をしてもらうほうがスムーズでおすすめです。